私立高校

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

おおさかせいりょう

大阪青凌高等学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

自分を律することのできる大人に

校訓は「自主自律」「稚心を去れ」。稚心(幼い心)を捨て、自分の行動を律することを目標とする。高校3年間を社会に出るまでの準備期間ととらえ、大人へのステップをのぼれるようしっかり指導していく。スケジュールを自己管理するRisingダイアリーなどを通じ、自主自律の力を伸ばす。
進路においても、生徒本人が自律的に考え、判断することを重視。「Rising ひとつ上の自分へ」のモットーの下、個人面談を重ね、手厚く指導しながら、志望する進路の実現をめざす。

教育の特色

独自の「Risingプログラム」で学力アップ

「Risingプログラム」と名付けた充実のサポート体制が強み。週1回の「Risingテスト」は、3年間でのべ1000回を数える。テストの成績が下降気味になればすぐに声かけをするなど、生徒の状況を把握し、ケアするためのバロメータにも活用。このテストの成績上位者は、志望合格率が高いというデータも出ている。「Risingサポート」では、「やろう」と思ったときにすぐ手にとれるよう職員室前に国数英のプリントを設置し、生徒のモチベーションをキープ。放課後や長期休業中の「Risingセミナー」は、授業より1レベル上の講習で、部活の終わった高校3年生のほとんどが参加している。
これら共通のプログラムを実施しながら、「特進S」「特進」「進学」の3コースに分かれる。「特進S」は、京阪神などの難関国立大を念頭に、高レベルな授業を展開。「特進」は、文系と理系に大別され、理系は遠方の国公立も視野に入れ、5教科を学ぶ。文系は関関同立をめざし、3教科に絞る。「進学」も、2年次に文理に分かれる。3教科を中心に学び、関関同立クラスの合格をめざす。

施設設備

新設のCALL教室でALを推進

2016年、「CALL教室」をリニューアル。アクティブ・ラーニングが可能な情報スペースとして活用する。スカイプを介してネイティブと英会話ができる英検対策も実施している。
約2万冊の蔵書を備える図書室には「Seiryoライブラリー」という独自のメディアがある。タブレットで、生徒各自の読書の記録を残したり、書評を投稿したり、他の生徒の書評を読んだりできる。また、高校1年次は毎週20分、読書の時間「Risingタイム」をとる。それらを通じ、本に親しみ、読書量が増えるよう工夫している。

学校行事

選べる修学旅行とカナダ短期研修

修学旅行の特徴は「選べる」こと。生徒の自主性を重んじる理念から、沖縄、北海道、ハワイの3コースから、生徒の希望をかなえる。ハワイは飛行機の人数制限があるが、毎年おおむねきれいに人数が3等分されるという。ハワイでは語学や異文化、北海道では自然環境、沖縄では人権と、コースごとにテーマを設定して学習。修学旅行と連動した校外学習も実施する。
また、カナダ短期語学研修では、海外の大学生活を体験。高1~2年生による希望制で、毎年20名程が参加する。10日間をオールイングリッシュで過ごし、英語力はもちろん、人前で臆せず話すことのできるプレゼンテーション力、コミュニケーション力を磨いて帰国している。
青凌祭(文化祭)も盛り上がる。1日目に高槻現代劇場を貸し切っての舞台発表、2日目は校内のプレゼンテーションと2日にわたり、座学ではできない体験が魅力だ。

部活動

「楽しむ」「交流」を重視

特進コースは7時間目まで、進学コースは6時間目までという違いがある。そのため、限られた時間のなかで楽しんで活動ができることを重視。加入率は約6割で、中高生が合同で活動するため、クラス以外の生徒と交流できる場となっている。
県大会出場の実績をあげているのが弓道部。文系のなかでも珍しい「人権クラブThink」は、フィールドワークや裁判傍聴など様々なことに挑戦している。

進路指導

生徒が望む進路を第一に

1年次は、自分の適性に「気づく」、2年次はその適性を「伸ばす」、3年次に進路を「かなえる」という3年間を見通した進路指導を構成する。「キャリアガイダンス」の時間で進路を見つめるほか、「総合学習」で学年ごとのテーマに取り組み、社会問題を学ぶ。
個人面談は、年間の予定としては年2回だが、熱心な教員が自主的に面談を行っている。気になる生徒がいればすぐに声をかけるなど、生徒への手厚いフォロー、面倒見のよさが同校のカラーだ。
その結果、9割が大学へ進学。多くの生徒が、第一志望かそれに近い大学に進む。大学受験=ゴールととらえず、不本意な進学にならないよう配慮している。

その他

「生徒が大好き!」の教員たち

「生徒が大好き!」という熱心で情熱的な教員が大半で、生徒を放っておくことがない。そのため、校則は厳しめで、真面目で素直な生徒が多い。自分からはなかなか一歩踏み出せないが、教師に背中を押されたら頑張れる生徒、「頑張りたい」という思いを胸に秘めた生徒に向いた学校と言える。そういった生徒が、3年間を通して、自ら一歩踏み出せるよう指導していく。

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする