私立高校

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

かわむら

川村高等学校 

スクール特集(川村高等学校の特色のある教育 #2)

受験の先に広がる有意義な人生へ導く生徒一人ひとりのポートフォリオ

川村高校では生徒一人ひとりの勉学、クラブ活動、行事、そして校外学習を含めた足跡を大切に残すポートフォリオを今年度より作成、その目的とは。

2018年度より、学習状況、クラブ活動、学内行事の参加はもちろん、学外での様々な活動に関しても、生徒1人ひとりの足跡をポートフォリオとして集めていく活動を始めた川村高校。学習指導と進路指導のサポートとしての取り組みを、進路指導課長の石田幸太先生に伺うとともに、高校から入学した1年生の3人の生徒さんにも話を伺いました。

より本質的なポートフォリオを作る―石田幸太先生

現在、文部科学省が大学入学者選抜改革推進委託事業として推進している「eポートフォリオ」という取り組みがあります。これは高校生が学校内外の活動をeポートフォリオとして記録し、高校生自身が入力した記録を教師が確認し、大学受験での評価につながるというもの。学生が探究活動や課外活動、資格・検定等の実績をインターネット上に蓄積する「学びのデータ」のようなものです。
本校でも2018年度より、紙ベースでファイルすることからスタートしました。近い将来、インターネット上で管理することになると思います。導入したのは、高校生活が「すべて受験ありき」と考えるのではなく、生徒1人ひとりがどのように生きていくのかということをサポートするために必要だと判断したからです。
興味のある新聞記事や校外学習などを集積していくことは、生徒自身が自分をプロファイリングし、客観視することにつながっていくのです。それは本人が気づいていなかった将来の希望を見つける機会にもなると考えています。
また、生徒や保護者との面談も重ね、教師はより具体的なアドバイスをしていくことがこのポートフォリオによって可能になると期待しているところです。本校では、個々の心を大切に日々の教育活動を行い、将来の夢や希望を描く幅広い機会を提供し、児童、生徒が自分の目標に向かってチャレンジし続けられるようサポートしています。高校生活を受験のための3年間にするのではなく、長い人生につながる3年間にしてほしいのです。

▶進路指導課長 石田幸太先生

「いろいろな文化を知るために英語を勉強」KMさん

中学3年生の11月に川村学園の文化祭に参加して、清楚な校風が気に入って他の高校の併願をやめて希望しました。最初は内部生とうまくやっていけるか心配でしたが、入学式でそんな心配は吹き飛びました。
現在、クラブ活動は吹奏楽部と新体操部に入っています。忙しいですが充実した毎日です。
勉強は世界史が初めは苦手でしたが、先生が全体的なことから説明してくれるので、興味を持って勉強することができ、好きな科目の1つになりました。
また中学までは英語も不得意でしたが、イングリッシュキャンプなどを体験し、今では英語に興味を持っています。将来、いろいろな国に行って様々な文化を知りたいので、英語の勉強をもっとしっかりしたいです。東京オリンピックで外国からたくさんの人が来ることもあり、もっと英会話ができるようになりたいと思っています。

▶KMさん

「将来は語学力のある美容部員に」SYさん

説明会に参加したときに、とても親身に話を聞いてくれる先生方がいらっしゃって、入学することにしました。入学後は、みんなが声をかけてくれて、すぐに仲良くなれました。本当にすぐだったので少し驚きました。
授業は先生たちに聞きやすい雰囲気があるので、わからないことがあっても、すぐに質問することができます。世界史の授業なども身近な話題から教えてくださったりして、とても分かりやすく、好奇心を持って学ぶことができます。ニュースを見たり、バラエティ番組を見ていても、先生が話していたことと関連付けて思いだしたりします。
人をきれいにしてあげることが好きで、将来は美容部員を目指しています。そのための専門学校に進むつもりです。最近ではデパートのコスメコーナーにも外国からのお客様がたくさん来るので、もっと英語も勉強して、英語で対応できる美容部員になりたいと思っています。

▶SYさん

「人の役に立つ看護師を目指す」KYさん

もともとは別の学校を志望していましたが、文化祭に来てみて、先生と生徒の仲がよさそうなのを見て入学しました。私も高校からではみんなと仲良くできるか心配していましたがすぐに打ち解けることができました。
勉強は国語が一番苦手だったのですが、先生が重要なポイントをきちんと教えてくれるので、今ではおもしろくなってきました。
テレビで医療をテーマにしたドラマを見て、将来は看護師になりたいと思っています。そのため看護科のある大学を目指して勉強中です。
クラブ活動は中学から始めた卓球部に入っています。スマッシュを決めると爽快な気分になります。まだ部員が少ないので、これから仲間が増えるといいと思っています。

▶KYさん

-------------------------
学力のある生徒には、難関大学を受験させる。そんな学校も少なくない中、同校の進路指導は、一人ひとりの志向をしっかり受け止めることから始めるという本来あるべき形となっていることが取材を通じて理解できました。ポートフォリオの導入は、その進路指導をさらに確固たるものにしていくことでしょう。

  • この学校をもっと詳しく知る
  • スクール特集トップに戻る

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする