私立高校

男子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

けいか

京華高等学校 

学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)

説明会名:第2回 高校説明会

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2016年10月29日(土) 晴れ 14:00 14:30~16:00 京華学園百周年記念講堂

申込み(予約)

不要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約350人

父親の参加率

約35% 含夫婦

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
60% 30% 10%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
- 無料

[ 備考 ] 京華高等学校説明会案内チラシ/平成28年度入試概況/平成29年度入試ガイド/2017偏差値ランキング/305学習塾【塾長アンケート】塾イチオシの中高一貫校

開始前の動画上映 30分 男子校の男子による【家庭科実習】
説明会時間:1時間5分

プログラム1

10分

(14:30~14:40)

ご挨拶

説明者:校長・町田 英幸先生

2020年大学入試改革のお話に触れ。
2017年度に入学される皆さんがセンター試験最後の生徒となるわけですが、2020年を待たずして、大学の入試は変化を見せています。なぜ、大学がこのような取り組みをしているのか? それは社会に有用な人材の育成です。簡単に言えば”即戦力”となる人材の育成。これが大学へ求められている改革です。本校は創立当初より、学問にとどまらず、優秀な人材の育成に取り組んでいます。学問と並行して、部活動などの大会においても良い結果が出ています。また、コースを問わずセンター試験を課しているのも本校の特徴で、現役での大学合格率は80%以上です。芸術や部活など、何かに集中出来ることが学問には必要です。そして大切なことは自分に自信を持つことです。勉強でもスポーツでも友人と共に切磋琢磨し、自分に負けない強い精神を京華で培ってください。

プログラム2

20分

(14:40~15:00)

学校生活・学習活動・S特進コースについて

説明者:入試広報部長・山田 道行先生

スライド資料と合わせてご説明。
スライドにて日本で一番はじめにニンテンドーより販売された家庭用ゲーム機と現在まで発売されているゲーム機のご紹介をされました。
基本的な人間のスタイルは変わらないが電子機器などの進化はとても早く、この先どうなるのか?まったく想像がつかない。そんな中、本校の【S特進コース】についての取り組みのお話。
S特進コースとは:①21世紀のリーダーを育成する。②特待生を中心とした成績優秀者で編成。③専用の教材を用いた授業。④徹底した学習支援システム。 S特進コースの目標は難関国公立大学【東大・京大・一橋大や旧帝大、筑波、国公立大医歯薬学部】です。また、なぜ国公立大学なのか?①研究環境が充実(特に理系)②学費が安い。③少人数指導と就職率の高さ。これは私立ではかなわない利点と言えます。そして【S特進コースの特徴】は、①他校に負けない学習サポート:高校3年生 7時間目のゼミが1週間に30講座以上設け、予備校に負けないというプライドを持って放課後講座を実施しています。また、補習・講習の年間総時数は都立上位校、1700時間に対し、京華高等学校は・・・1800時間あるのも大きな特徴です。②夏期講習は高2:10日間(約30講座)。高3:4日間×5期(90講座以上)で、夏休み中ずっと学校で自習可能です。③京華のキャリア教育と大学理解:高1社会人特別プログラムや東京理科大学との連携、國學院大學との高大連携や進路適性検査や、進学講演会など、今後もこういう取り組みを増やしていきます。創立120周年に向けて、挑戦を続けます。

プログラム3

20分

(15:00~15:20)

S特進在校生インタビュー

説明者:S特進在校生【高2、1名・高3、2名】、司会 企画広報部長・西村 博樹先生

Q1:部活動と勉強をどういう風に両立をしていますか?
高2生徒:最初はとても大変だったけど、電車などの移動時間を利用し、単語帳を活用するなど、勉強をしました。
高3生徒①:クラブの時間と7時間目が重なっていることもあるが、授業終わりで合流していた。塾へは行っていないが、授業と宿題に集中し東京工業大学を目指しています。
高3生徒②:授業をよく聞くようにしています。部活は自分で選んで決めたので頑張れました。
Q2:入る前はどういう風に勉強を進めていましたか?
高2生徒:都立を受けずに私立だけを考えていた。英語と数学を11月までに終わらせ、過去問題集を解いて、弱点を克服していった。
Q3:クラスの雰囲気はどうですか?
高3生徒①:S特進だからといってガリガリ勉強をしているわけではなく、とても楽しい雰囲気の中、お互いに頑張ろうといった感じで、お互いに教え合う場面もあります。
Q4:これから受験を控えているみんなにアドバイスがあれば
高2生徒:あきらめなければ行きたいところに行けます。この学校は男子校なので女子がいない分、勉強に集中出来るので是非、頑張って受験してほしいです。

プログラム4

15分

(15:20~15:35)

平成29年度入試等について

説明者:企画広報部長・西村 博樹先生

配布された募集要項とスライド資料と合わせてご説明。
A推薦(単願):1月22日・23日。B推薦(併願):1月23日(都内生・神奈川県生を除く)。一般入試:2月10日・13日(併願優遇制度有り)。また、特待生制度があります。*内申に1がないことが条件。【特待生の例】A推薦の場合。区分1:【内申24・偏差値目安67】1年間免除の内容:入学金全額免除。月2,5000円の奨学金。区分2:【内申23・偏差値目安64】1年間免除の内容:入学金全額免除。月10,000円の奨学金。区分3:【内申22・偏差値目安61】1年間免除の内容:入学金半額免除。月10,000円の奨学金。区分4:月10,000円の奨学金。特待生の認定は入試得点で正式に決まります。得点目安は、7~9割です。その他、国と都の助成金および、京華学園授業料減免制度がございます。詳しくは個別相談へお越しください。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり:15:35~16:00 なし

編集後記

説明会開始前の学校紹介映像では、男子校の男子による家庭科の授業をご紹介されていました。男子が和気あいあいと調理したり、フライパンを洗っている姿はとても楽しそうで、男子校のよさがそう言ったところに表れていたように感じました。説明会の司会を在校生が行っており、緊張している様子も、人前で話すことが苦手な男子にとっては良い経験になっているように感じ、校内ですれ違う生徒は、男子校の荒々しいイメージはなく、とても紳士的であったと思いました。
(A.O)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする